2011年06月14日

面倒くささと手間の係り具合との相関

なんだか、今日は1日おーちゃんのペースに振り回されっぱなしでした。

朝、おいらを送って行ったら、車で寝ちゃったおーちゃん。
そのまま10時半まで爆睡。
私は、車で待機。

10時半に家に戻り、急ぎの用があったので、あちこちに電話して問題を解決したら時間は12時前。
おいらが12時半すぎにはお腹を空かせて帰ってくるので、あわてて昼食の準備。
途中、おーちゃんがおっぱいおっぱいでまとわりつき、はかどらず、おかずが減る(笑

12時半すぎ、おいらが帰ってきて昼食。
食後、おいらがシャワーを浴びて、出かける準備ができたところで公文へ。
またもや、おーちゃんが行きの車中で寝てしまい、公文から帰ってきたところで、車中待機。
本日二回目…
結局、4時半まで待ちぼうけで、1日で本一冊読めちゃったよ…

4時半に家に戻って、家事をしようとするも、おーちゃんが、またもやおっぱいおっぱいとまとわりついてきて、まったくはかどらず。
洗濯物を干すのが精いっぱい。
夕食を作って、食べさせて、寝かしつけようとしたら、なかなか寝ないおーちゃん。
最近、ベッドに行ってから、寝る気になるまでが長い。
ベッドには、いそいそと行くんだけれどね。
結局、気付いたら自分が寝てしまい、起きたら12時。
残りの家事を少しだけ片づけて、ブログ更新中。

なんもできなかった1日でござった。
まあ、こんな日もあるさ。

さて、前置きはこれくらいにして。

先週から、おいらは夏休み。
今年は、初めてサマースクールを採ってみました。
実は、今まで、夏休みにインターのサマースクールに行ったことはなかったおいら。
夏休みくらい日本の社会経験を…ということで、あえてそうしてきました。
が、今の学校は、夏休みが3か月もある。
3か月もインターと離れたら、さすがにおいらも英語を忘れてしまうんちゃうか…とちょっぴり心配になりまして、3週間のサマースクールを採ることにしたのです。

どの授業を採るか悩んだ挙句、普通に勉強のクラスよりも、楽しそうなのがいいんじゃないかということで、scienceとサッカーをチョイス。
朝一で理科の授業を受け、休み時間を挟んで、1時間半サッカー。
毎日サッカー。
おいら、ヘロヘロ作戦です。

午後の授業は取らず。
午後は、習い事などに精を出して頂く夏にしようというプランです。

というわけで、昼12時には学校が終わってしまう。
朝、8時半に送って行って、12時にお迎えとなると、往復小一時間かかるから、私とおーちゃんが、ものすごい忙しい午前中になっちまいます。
そもそも、お昼前後はおーちゃんがお昼寝してることが多い。
そのペースも、お迎えがあると、ぐちゃぐちゃになってしまう。
今日のように、私が車中で寝かしながら待機する時間が増えて、1日の時間が有効に使えない。
などなど、問題ありありだったので、試験的に、帰りだけスクールバスを利用してみることにしました。

うちからおいらの足で徒歩5分のところにスクールバスのバス停があります。
大きな通りを横断する必要なく帰ってこられるので、おいらが一人で帰ってこられる。
なんて画期的!

最初2日間だけ、バス停までお迎えに行きましたが、そもそも日常から、よく見知った場所だったのでおいらもすぐに慣れました。
で、3日目から、ひとりで帰ってきてます。

すごいよ。
画期的。
子供が、一人で学校から帰ってくる。
お迎え行かなくていいのよ!
こんな日が来るのを、どれだけ首を長くして待ち望んでいたことか。

ってなわけで、午前中だけおいらが学校へ行っている今日この頃。
今までとの違いは、

朝、弁当を作らなくてよい
昼、迎えに行かなくてよい
昼、昼食を作らなくてはならない

ということになります。

昼食を作るのは、実は私にとっては結構面倒。
いつもだったら、私はその辺にあるもので、調理しなくても食べられるようなものを適当につまんで終わり。
おーちゃんは、作り置きしてあるものを温めて食べさせて終わり。
超簡単。

ところが、おいらがいるとなると、しかも、サッカーで腹ペコキングで帰ってくるとなると、マジで作らにゃなりません。
いつもの「チンチン弁当」のが、よっぽど楽です。
倍の手間どころじゃないのです。

しかしだね。

やっぱり、朝の忙しい時間に弁当作らなくていいのは、ホントに気が楽で。
時間にして15分くらいのことだけど、ホントに楽。
そして、お迎えも、同じく、こちらは1時間という時間の拘束がないのは、本当に画期的で。

で、昼食はなんだかんだで、普通に1時間くらいかけて作るから(おーちゃんの相手しながらだしね)、時間的にも手間的にも、おいらの昼食にかけるエネルギーとしては、今までよりかかってるんだけれど、でも、やっぱ、弁当+お迎え無し生活の方が、面倒じゃない…と感じる不思議。

面倒くささというのは、実際にかかる時間や手間とは、まったく相関がない、きわめて主観的なことなんだなと、改めて感じた次第。

いや〜、バスやばいな。
癖になりそうだな。
でも、料金高い(涙

おいら、公共交通機関で通ってくれないかな。

一応ご提案したけれど、おいらは、スクールバスがいいそうな。
そら、そうよね。
私も、その方が安心だしね。
でも、料金がべらぼーに高いのよ。

そして、私とおいらの攻防は続く。


rikipon67 at 01:50コメント(4)トラックバック(0)日々のできごと徒然   mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Suggested Internet page   2014年06月03日 22:34
electronic cigarettes おいらのいる生活:面倒くささと手間の係り具合との相関
2. Posted by Click On this site   2014年06月05日 00:49
liquid smoke recipes おいらのいる生活:面倒くささと手間の係り具合との相関
3. Posted by world cup soccer jerseys   2014年06月05日 05:02
This is a great post,i check your postlike every week.Ican geta lotthings ,keep up the good work!Of cause, you also can study our website about world cup soccer jerseys.
4. Posted by Fake Hermes Hermes Birkin Bag Buy   2014年10月25日 09:37
おいらのいる生活:面倒くささと手間の係り具合との相関 <a href="http://www.gtband.com/images/hermes-wallet/hermes-kelly-bag-replica-australia-9997.asp">Hermes Kelly Bag Replica Australia</a>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
頂いたコメント
ひととなり
RIKIPON
おいらの家来で、組織論を研究しているつもりの人で、きまぐれで主婦、まれにシェフ。
2006.秋に大学院を退学し社会的な肩書きを失うも、2007年明けより、フリーで仕事を再開。軌道に乗るかどうかの瀬戸際な毎日です。
mixiで裏ブログ(毒吐きとも言う)を書いています。友人限定なので、見たいぞという方はmixiでメッセージ下さい。
推薦図書
  • ライブドアブログ