2010年03月02日

フォニックス

今日は、プリのバザー。
プリのバザーと言えば…

英語の絵本の買いだめが私の定番です。

日本では、あまりなじみのないペーパーバックの絵本が3冊1000円!
これは安い!

日本で買える英語の絵本って、ほとんどが輸入物だから、税金が乗ってたりして、やたら高いのですが、プリのバザーで買えるのはとにかく安いのです。
だから、いつもまとめて数冊購入します。

今回も、ペーパーバックを3冊。
それと、フォニックス(発音やつづりの法則)を学ぶためのテキストを1組。

フォニックスは、おいらが今年度からプリで習い始めたところで、おかげで読める単語が飛躍的に増えている今日この頃なわけですが、これができるようになると、自分で本が読めるようになってくるわけで…

ところが、こちとら、日本の英語教育の申し子ですから、フォニックスなんて、習ったことない!
テキスト見りゃ、コンセプトはわかるけど、おいらとどうやって楽しく勉強すりゃいいのか、見当もつかない。
私は、発音は日本ネイティブの中じゃ、比較的悪くない方だけど、でも、できない発音、超苦手な発音(通じないレベル)もある。
それでも、見よう見まねで(?)、ドリルなんかをやってはいますが、果たして、私のやり方でいいのかどうなのか…

と、悩みの種のフォニックスでもあります。

で、今日買ったのは、おいらの好きなスポンジボブのストーリーを読みながら、フォニックスを学べる教材。
なんと、スポンジボブのストーリーが12個もついて、500円!

安っ!

即、お買い上げ♪

で、おいらに与えてみた。

おいら、なんと。

自分で、読んでるノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

フォニックスをプリで習ってるだけあって、初めて見る単語でも、あやしげに発音できてる。

そして、1冊、また、1冊と、次々読破中。

1冊読むごとに、「難しいぃ〜!疲れた〜」と言いながら、かれこれ1時間も本と格闘しながら、とても楽しそう。

本を読んでもらう楽しみ

本を読める楽しみ

本で学び、感じ、新たな世界への扉を開く楽しみ

おいら、今、ようやく本を読めるところに差し掛かったところ。
まだまだ世界は広がるよ!

ガンバレ!


rikipon67 at 21:11コメント(2)トラックバック(0)おいら観察日記   mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by けいた   2010年03月03日 08:25
フォニックス、我が家も買おうとしてますが、どれがいいのかわからない(/_;)
プリのバザーっていいですね。一般人もOKなんでしょうか?
2. Posted by RIKIPON   2010年03月03日 09:23
■けいたくん
フォニックスの教材については、後で記事に書きますね。

バザーですが、おいらのプリの場合は、一般人お断りとは明言してないけど、知らない人は来ないかな。
来たら、不審者でつまみだされちゃうかも。

バザーではなく、文化祭のようなイベントだと、お友達も呼ぶことができるのですが、、やはり一見さんは、セキュリティの関係で、お断りのようですね。
でも、学校によって、ポリシーが違うでしょうから、近所に学校があるのであれば一度問い合わせてみては?
文化祭などでも、小さなバザーをやる学校は多いですから。

ちなみに、まともなインターの場合、インター専門に本を卸してる問屋さんが、バザーの時に本を安く卸してくれるんです。
特に、日本では、手に入りにくいペーパーバックの絵本を中心に、大量に出品されます。
一般の書店やアマゾンより破格に安いので、みんな血眼になって、買いまくり。

来年から通う学校でも、同じようだと良いなあと思っていますが・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
頂いたコメント
ひととなり
RIKIPON
おいらの家来で、組織論を研究しているつもりの人で、きまぐれで主婦、まれにシェフ。
2006.秋に大学院を退学し社会的な肩書きを失うも、2007年明けより、フリーで仕事を再開。軌道に乗るかどうかの瀬戸際な毎日です。
mixiで裏ブログ(毒吐きとも言う)を書いています。友人限定なので、見たいぞという方はmixiでメッセージ下さい。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ