2006年06月02日

おいら、スイミングへ行く

昨日から、ライブドアのサーバの調子がおかしくて、更新できませんでした。
なんか、書きたいことあったのに、忘れちゃったよ(笑)

ま、それはともかく。
おいらは、今日からスイミングに通うことになりました。

我が家では、陸上のスポーツはオットの担当ですが、水泳だけは、家来の担当です。
なぜかというと、家来は小学校の頃からのまじスイマーだから。
運動センスに全く恵まれていない家来は、スポーツはちゃんと一から習わないと、いっさいできないので、生涯で楽しめるスポーツってのは、ホントに少ない。
そんな中、家来が人並みにできる数少ないスポーツの代表が水泳なのであります。

というわけで、妊娠中にもマタニティスイミングを楽しんだわたくし。
子供が生まれたら、一緒にベビースイミングに通うのが、小さな、小さな夢だったのです。うふ☆

ちなみに、オットも泳げないわけではありません。
ただ、陸上のスポーツについては、生まれ持ったスポーツセンスのおかげで、なんの苦労もしなかったオットが、どうにも思うようにできなかったのが、水泳だそうです。
オット曰く、「水の中のことは小さい頃から慣れていないと、どうにもならない。」のだそうで。

だから、オットも、おいらにはできるだけ小さいうちから、水泳をやらせたいという希望を持っていました。

ところが、なんとなく機会を逸してしまって、のびのびになっているうちに、おいら1歳に。
そんな折、たまたま新聞の折込広告に、私が妊娠前に通っていたスポーツクラブのチラシが入ってきました。
なんと、知らぬ間にベビースイミングのクラスができている!

このスポーツクラブ。
我が家から、徒歩2分です。
もう、家から水着で行っちゃってもいいくらいの距離。

しかも5月中に申し込めば、入会金はタダだというじゃあありませんか!

即決。
即入会。

おいら、1歳1ヶ月にして、スポーツクラブの会員になりました(^^)v

で、今日がその1回目。
昨日くらいから、例によって、

おいら〜、プールだよ。
プール。プール。プールぅぅぅっぅ〜。

と、私がひとりで盛り上がって、洗脳する作戦(笑)
私、小さい頃から水泳が大好きだったものだから、プールの塩素の匂いかぐと、なんか、元気になっちゃうんです。
水に入ると、さらに、元気。
私にとっては、プールは一種の覚せい剤みたいなものなのです。

っていうか、今回は、おいらがスイミングするわけで、私は、お守りなんだけどね。
それでも、出産の2週間前まで泳いでたから、かれこれ1年2ヶ月ぶりのプールなんだもーん。

もう正直、おいらなんかどうでもよくなってる家来なのでした(笑)

さて、おいらはと言えば、

プール?知らないよ。
レゴがいいよ。
絵本読んでよ。
めんめんめ〜(おっぱいくれの意)

ってな調子で、つれないったら・・・
そんなこんなで、おいらの軽い抵抗が功を奏して、準備に手間取ってしまい、無理やり押さえつけて着替えさせていたら、弾みで机の角におでこをぶつけたおいら。

号泣(ToT)

ごめんよ〜
痛そうだね〜
冷やすかい?
ほれ、濡れタオル。

おいら、濡れタオルを自分でおでこに抑えてぶーっと膨れる(/_;)
見たら、軽く流血(゜o゜)
でも、元気に泣いたし、元気にいぢけてるし(?)、青あざになる風でもないし、ええい、行っちゃえ〜(笑)

っていうんで、ベビーカーに飛び乗って、当社比1.5倍速でダッシュ!
1分半でプールに到着。
近いってステキ。

ロッカーで水着に着替えるおいら。

なに?
なんだよ?
なにすんだよ?

かなりびびり気味。
スクール指定のベビー用の水着は、恐ろしく趣味の悪い蛍光黄色の水着。
しかも大人用の肌にぴったりする水着と違って、ごわごわして、着心地悪そう。
おいら、ご機嫌ななめ。

と、そこへ、他の生徒さんたち登場。
おいらの大好きな女の子が3人。

おいら、ご機嫌をなおす。
軽く、愛想をふりまき、まずは、ママのハートをげっちゅ!
おいらのいつもの手です。

「かわいい女の子を射んと欲すればまずママを射よ」です。

そのすきに、家来も着替えて準備万端。
いよいよプールへ。
時間まで、プールの外で待たされる。
集まってきたお友達の水着を見たら、胸のアップリケがホゲホゲの子ばっかし。
おいらと同様、今日がはじめてという女の子のママが、どれくらいでアップリケがホゲホゲになっちゃうのか、尋ねてた。

洗濯機であらったら、一発ですよ〜(^^)

(゜o゜)

水着って、洗濯機で洗うの?
家来は、軽く衝撃を受ける。
小学校1年生で水泳を始めてから、ずっと水着は自分で洗ってきたけど、洗濯機を使ったことは一度もない。
いつも、手洗いで、タオルドライだ。

水着を洗濯機で洗うって、普通なんでしょうか?

そんなこんなで、家来は動揺しつつ、時間が来てプールへ。
ベビースイミングのクラスの集合場所へ行って、周りの皆さんにご挨拶。
すると、児童館で何度か遭遇したことのある親子数組発見。
というか、向こうが気付いてくれました。
私、いつもすっぴんだから、違和感ないみたい。

でも、いつもバッチリメークのママさんたち、プールじゃ別人だね〜。
眉毛ないし(爆

まったく、気付きませんでした。

おいらは、プールの湿気と室温が高めに設定されてる暑さで、なんだか不愉快な顔。
そんでもって、家来がウキウキしてて、おいらにとって初めての場所ってのは、大概ろくなことがないと相場が決まっているので、かなり身構える。

なんだ?
この巨大のお風呂はなんだ??

先生が来て、ご挨拶。
そして、出席をとる。
慣れてる子たちは、名前を呼ばれると、はーいと手をあげるが、おいらは、家来が手を上げさせようとしたら、断固拒否。

出席してないことにしたいのか?

まずは準備運動。
おいら、暑いし、むしむしするし、ますます不機嫌。
そして、おいらは、子供に話しかけるとき妙にハイテンションになる大人が嫌い。
というわけで、ハイテンションな先生に、ドン引き・・・

やな予感がする。

プールサイドに座って、いよいよ水をかける。
おいら、てっきり風呂だと思っていたらしく、水が冷たいのに驚いて、プールサイドに座るのを拒否!
必死で、家来にしがみつき、つかまり背伸び(笑)

確かに、ベビー用にしては水温が低いかも。

なんとか、なだめすかして、座らせる。
座ってバタ足。
おいらの足を水中につけようとするが、断固拒否!
水中ではなく、水面でぱちゃぱちゃやるのが精一杯。
ま、ある意味、正しいのだけど。。。

その後、お腹、肩、顔、頭と水をかける。

おいら固まる。
そして、少し諦め顔。

予想してたけどね。
やっぱ、入るんだね。
つめて〜(>_<)

いよいよ水に入る。
家来にしがみつくおいら。
そのしがみつき具合といったら、家来が手を離しても、ぜんぜんOKなくらい、しっかりしがみつく。

そんなに力がついたんだ〜

と妙に感慨深い家来。
赤ちゃんでも背が届くくらい浅い場所で、おいらに足がつくことを教えようとするが、足を下ろすのを断固拒否。

かなり涙目。
もしかして、恐すぎて、閾値を越えてしまって泣けない?とか?

水の中で、プカプカ浮いたり、振り子のように振り回したり、高い高いをしたりするのだけど、おいらは、家来とぴったり密着してないと、恐怖の表情になってしまう。
なので、しっかり抱っこして、家来ごと高い高い、みたいな。。。

かなりヘン?

後半は、おいらの両手に浮き輪をつけて、座り飛び込みと、プカプカ浮く練習。
おいらは、飛び込みが恐いというより、家来と少しでも離れるのが恐いらしく、プールサイドに座らせようとすると、拒否。
でも、何度か繰り返すうちに、とりあえず、家来がおいらのお腹を支えるだけで、しがみつかなくても、プカプカ浮けるようになってきた。

おいら、上手。
すごいね〜

すかさず誉める家来と先生。
いつもなら、ここで満面の笑みになるおいらなのだが、今日はまったく余裕がないらしく、かなり必死。

そんなこんなで、ようやく終了。
お風呂でじっくりあったまって、ようやく少し緊張がとけたみたいでした。
ロッカーで着替えてる時、近くで着替えてた女の子がおいらに興味津々。
おいらが持っていたプール用のウレタン製のタオルが珍しいらしく、おいらにちょっかいを出す。
おいら、相手が女の子だからか、笑顔で素直に貸してあげる。

相手が野郎だったら、絶対渡さないくせに!

女の子は喜んで、おいらのほっぺをなでなで。
おいらご機嫌。

結局、女の子でご機嫌になるのかよ・・・(ーー;)
ま、とりあえず、スイミングがんばれ。
いい男は、泳げてナンボよ(笑)

すでに数ヶ月前からベビースイミングを始めたけーごマンママが言ってた。

水の中で喜んだり、怒ったり、笑ったりしてる子供を見てるだけでスイミングは楽しくて楽しくて…

んー、なんとなくわかる気がする。
日常生活では、あんな恐怖の表情はなかなか見られないもんな〜

近い将来、陸上では見られないくらい、キラキラいきいきおいらになりますように。

rikipon67 at 23:10コメント(9)トラックバック(0)おいら観察日記   mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by あちゅ   2006年06月04日 01:32
そうそう、こないだタクシー乗って帰るときに
「ここのスポーツクラブでベビースイミングしてへんのかな?」
と思ってたとこですね〜
たぶん

プールデビューおめでとう>おいら
2. Posted by RIKIPON@筆者   2006年06月04日 19:55
ああ、たぶんそうですね。
そこですね。

そして、その向かいのケーキ屋さんもウマウマです。うふ。<ぜんぜんプールと関係ない・・・
3. Posted by More Signup bonuses   2014年06月05日 00:02
vape juice おいらのいる生活:おいら、スイミングへ行く
4. Posted by Web Site   2014年06月07日 23:27
e-smoking おいらのいる生活:おいら、スイミングへ行く
5. Posted by just click the following webpage   2014年06月07日 23:34
fantasia e-hookah おいらのいる生活:おいら、スイミングへ行く
6. Posted by shopping bag prada   2014年08月19日 00:27
Christian Dior paired black or beige satchels with the daytime looks on the Paris Fashion Week runway. The satchels were shown in a variety of styles yet were all medium in size and offered a structured silhouette.
7. Posted by carre de soie hermes   2014年08月28日 19:20
Thanks alot, this was really helpful.
8. Posted by http://www.justwanted.co.uk/?id=357   2014年08月30日 18:49
Being genetically unlike in this way has a biological advantage for the kids because theoretically they have both sets of genes and therefore a more diverse immune system.
9. Posted by ray ban wayfarer de vue   2014年09月11日 16:27
4. San Lorenzo (en francs Saint Laurent, en ingls Saint Lawrence), ro de Norteamrica oriental, de unos 1.200 km de longitud, que es la principal salida de los Grandes Lagos. El conjunto de vas navegables asociadas al ro San Lorenzo, incluyendo los Grandes Lagos, tiene una longitud de unos 4.000 km. Su fuente es el ro Saint Louis, en Minnesota. La cuenca del ro, incluyendo el rea que ocupan los Grandes Lagos, es de 1.424.000 km2, y descarga en la desembocadura un caudal medio de 14 millones de litros por segundo.

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
頂いたコメント
ひととなり
RIKIPON
おいらの家来で、組織論を研究しているつもりの人で、きまぐれで主婦、まれにシェフ。
2006.秋に大学院を退学し社会的な肩書きを失うも、2007年明けより、フリーで仕事を再開。軌道に乗るかどうかの瀬戸際な毎日です。
mixiで裏ブログ(毒吐きとも言う)を書いています。友人限定なので、見たいぞという方はmixiでメッセージ下さい。
推薦図書
  • ライブドアブログ